タグ別アーカイブ: ideco

本当に必要な老後資金 老後2000万円問題とは?退職までにいくら必要なのかデータを基に算出

本当に必要な老後資金 老後2000万円問題とは?退職までにいくら必要なのかデータを基に算出

定年を迎えると、仕事をやめて老後を過ごすことになります。

 

つまり、今もらっている毎月の給料はゼロとなり、貯金を切り崩しながら年金などで生活することになります。

 

しかし、年金だけで生活するのは困難といわれており、老後資金について早いうちに考えておく必要があります。

 

2019年に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の試算によって、“ 老後の30年で約2,000万円が不足する という試算が出されています。

 

では、

本当に2,000万円あれば安心なのか?
年金だけで生活できないのか?
老後2,000万円問題とは?

について、データを基に詳しく説明していきます。

 

老後2,000万円問題とは?

老後2,000万円問題とは上述の通り、金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書によって「老後の30年間で約2,000万円が不足する」と発表されたことが問題になったことです。

 

ちなみに結論から申し上げますと、ゆとりある老後生活を送りたい場合2,000万円あっても足りていないのが現状です。

 

よって、若いうちから資産形成を始めることが必須ということになります。

 

もしもの備えや、老後を楽しく豊かに過ごしたいという場合は、今からなにかしら行動を起こしたり、今のうちにしっかり老後を考えておくことが望ましいです。

 

老後資金の内訳とは?

老後にかかるお金は毎月の生活費だけではありません。

【代表的な老後資金】

◆毎月の生活費
◆家賃
◆住居の維持費(リフォーム等)
◆医療費(病気・ケガ・介護)
◆冠婚葬祭費
◆趣味娯楽費用 etc.

 

では、具体的に老後にどれくらい必要なのか。

 

一般的に必要資金の目安として、3,000万円あれば安心だといわれています。
注意点として、この金額は生活資金として年金受給額とはまた別に必要な額になります。

 

実際に総務省のデータを元に算出してみましょう。

 

夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯のデータ

・年金受給額▶︎1ヶ月約19万円(国民年金 + 厚生年金)
・月々の支出▶︎約27万円
・不足分▶︎1ヶ月約8万円

・年間不足分▶︎8万円 × 12ヶ月 = 96万円

・老後必要分(25年分)▶︎2,400万円(96万円 × 25年)

※総務省「家計調査報告」より

上記にプラスで、

・家のリフォーム代
・自動車購入&維持費用
・医療費
・介護費用
・冠婚葬祭費用

などを含めると、老後必要資金は3,000万円程度が目安であるということが導き出せます。

 

あくまでデータによる算出になりますが、必ずかかる費用として概ね誤差は少ない金額かと思います。

 

ちなみに、1人暮らしの場合でもほぼほぼ同じことがいえます。
生活費が半分になるわけではないんです。

 

また、個人事業主などの自営業者は厚生年金がもらえない可能性があり、国民年金のみになることがあります。
その場合、毎月の受給額は5〜7万円になります。

 

自営業者はとくに若いうちから将来のことを考えておかないと、悲惨な老後になってしまうかもしれません。

 

退職金について

「退職金があるから安心」
という概念は捨てた方がいいです。

 

なぜなら、退職金の水準は年々減少傾向にあり、同様に退職金制度を撤廃する企業も年々増えているからです。

 

※りそな年金研究所より抜粋

終身雇用制度が崩壊して転職が当たり前になりつつあり、退職金を出せない企業が増加傾向にあります。

 

データとして、20%以上の企業が退職金制度を導入しておらず(法律で決まりはない)、ここ20年で支給額が約1,000万円減少。

 

つまり、退職金で生活費をカバーするのが困難になってきているというのが現状です。

 

老後2,000万円問題を解消するには?

以下の3つが考えられます。

①若いうちに3,000万円以上を稼ぐ

②3,000万円以上の現物資産を持つ(不動産・時計・車など)

③積立投資を始める(つみたてNISA・iDeCo・海外保険など)

 

「20〜30代のうちにとっとと稼いでしまおう」というのは、可能ではありますがあまり現実的ではありません。

 

なぜなら、お金があればあるほど使ってしまうからです。
とくに若いときは承認欲求が強く、物欲も高齢者に比べてかなり高く、とにかく無駄遣いする方を多く見てきました。

 

また、単純にお金は簡単に稼げるほど甘くありません。

 

そこで、現実的にオススメするのが②と③ということになります。
どちらも会社員であれば今からすぐ始めることが可能だからです。

 

ぜひ検討してみましょう。

 

まとめ

老後2,000万円問題について詳しく解説させていただきました。

 

データはあくまで試算のため、実際の金額とはもちろん異なりますが、ゆとりのある老後を過ごすためには2,000万円だけでは確実に足りないと言い切れます。

 

人生100年時代ともいわれる中、

「年金の支給時期が遅くなる」
「今より年金支給額が下がる」
「退職金が出ない」

など、マイナスなことで騒がれていて不安に感じている方も多いかと思います。

 

しかしまた、今の日本の状況からしてさらに悪化することは充分に考えられます。

 

不安を煽るわけではないですが、なにかしら老後のための行動をしておかないと、将来悲惨な生活を送ることになってしまうかもしれません。

 

将来のことちゃんと考えてますか?

 

【あわせて読みたい
【あわせて読みたい】

 


資産形成のご相談は下記LINEへお気軽にどうぞ

 

笠原大 公式LINE

▼ スマホの方は下記をクリック

友だち追加

リンクでダメな場合は下記IDを
LINEで検索

「 @dai777 」(@を忘れずに)

【海外積立投資】メリット&デメリットと始め方 〜バカでも貯金5000万円 不労所得で暮らそう〜

バカでも貯金5000万円 海外積立での不労所得生活

日本の銀行の金利は0,001%
たとえ1,000万円預けていても年間たったの1万円しか増えません。

“ そんなの知ってるけど「株」とか「投資」って聞くとちょっとこわい ”

 

そんな中、今圧倒的に人気があって圧倒的に安定的なものが海外積立投資になります。

 

日本では今後ありえないだろうと思えるくらいの高利回りで、年金の代わりになったり、さらに生命保険が付くタイプもあります。

 

元本確保型などもありますので、安全に運用していけるのも魅力の1つです。

 

海外積立投資の概要

月々最低2万円ほどから可能で、期間は5〜30年などプランによりさまざまです。
毎月の積立は銀行引き落としか、クレジットカードも使用可能です。

 

元本補償がついているタイプや生命保険金がついているタイプなど、種類は多種多様です。

 

やらない理由はないといっても過言ではない、今かなり注目されている投資のポートフォリオの1つです。
巷では「FIRE」と呼ばれている、社会からのリタイヤを目指す人たちには絶対に欠かせない投資先になります。

 

FIREとは
「Financial Independence, Retire Early」を略した言葉であり、「経済的自立と早期リタイア」という意味です。
経済的自立とは、決して大金持ちになるということではなく、運用利益(不労所得)のみで生活していくことです。

 

海外積立投資のメリット

①利回りの高さ

おすすめの1番の理由がこちらになります。

 

有名なもので「S&P500」「Platinum」などがありますが、利回りで10%を超えるときもあります。

 

1,000万円あれば勝手に100万円が入ってくるイメージです。
贅沢な生活を望まなければ、計5,000万円前後あればそれだけでFIREできてしまいます。

 

夢がありますね。

 

平均的に6%前後は利回りが出るイメージです。
ちなみにS&P500の過去20年の平均利回りは8,6%です。

 

②圧倒的な安定力

“投資”って聞くと「詐欺だ」「こわい」なんて叫び出す人もいるかもしれません。


でも海外積立投資についてよく考えてみてください。
投資先は米国などGDPトップ先進国の上場企業です。

 

たとえばS&P500の中には、「GAFA」と呼ばれる米国の主要IT企業であるApple・Facebook・Amazonが含まれています。
その他は、Microsoftやゴールドマンサックスなど、あなたが生きている限り消え去る可能性が限りなくゼロに近い超優良企業です。

 

GAFAは現状、買収など繰り返してどんどん大きくなっていってます。

投資なのでもちろんリスクがまったくないというわけではないですが、FXや仮想通貨、不動産などの投資ジャンルと比較したらすぐに始めやすく、尚且つ抜群の安定感がある投資になります。

 

③複利運用により利益が利益を生む

複利とは
利子にもまた利子がつくこと

 

たとえば、100万円の元金で利回り5%の場合、1年後は5万円の利益が生まれる。
そしてそのまま積立を続けると、利益の5万円を含めた105万円からの5%の利回りとなる。

 

つまり、翌年は5万円のみの利益ではなく1,102500円となる。
積立投資など、こういった長い期間で運用していくものは複利の力がかなり大きい。

 

このように利子にも利子がつくことを複利という。

 

下記の図は毎月5万円・利回り6%・運用30年で運用した場合の海外積立投資の一例です。

最後の10年で約3倍になるなど、複利の力で後半に大きく増えていくのがわかります。

ちなみに最終的に50,225,752円となります。
5,000万円もあったら使いきれないほどの貯蓄になります。

 

ちなみに毎月5万円がキツいという場合は3万円でも良いかと思います。
それでも最終的に30,135,451円となります。

じつは毎月3万円でも老後に必要な資金の倍に近い額になります。
これだけあれば老後は安心して暮らせますね。

 

毎月3万円すら厳しいって方は、副業や転職を今のうちに考えておくことをおすすめします。

 

海外積立投資のデメリット

①中途解約に注意

これは積立投資全般に言えることでもありますが、解約手数料により損をしてしまうパターンです。
とくに早期の段階で解約するときに多いです。

 

ただし、全額なくなってしまうようなことはありませんし、一定期間を過ぎると解約手数料がかからない商品もあります。

 

②情報が少ない

調べても情報が少ないので「さっぱり、、」って場合がほとんどかと思います。

 

解決策としては、専門で商品を扱っている詳しい方に聞くのが早いです。

 

弊社では海外積立投資専門の方が従事しておりますので、お客様に最も適した商品を選定し、アドバイスをすることができます。
商品種類も豊富に取り扱っております。

 

③為替のリスク

海外ですので当然為替リスクがあります。

 

しかし今後の日本を考えると、資産が日本円のみという方がリスクになる可能性が考えられます。
今では金・仮想通貨・米株など、外資を含めた資産で分散投資するのが主流になってきています。

 

“たまごは1つのカゴに盛るな”
という言葉があるように、リスク分散は投資の基本です。

 

まとめ

日本の銀行にお金を預けていると、実質資産は減るばかりです。
過去にゆうちょ銀行の定額貯金で利回り6〜8%出る時代もありましたが、今では0,002%です。

 

これは日本にとって深刻な問題であり、まず海外の人が日本で資産運用しようと考える人は一切存在しません。

 

つまり、国によっては利回りで5%以上出すのは通常当たり前の世界ではあるのです。

 

ちなみに年金ですが、受給額は実際に現在減っており、受給開始時期も70歳になるかもしれないなど、ますます状況が悪化しているので大きな期待はできません。

 

むしろ、不利な方面に変化していくだろうと予測するのが普通だと思います。

 

そんな中「老後2,000万円問題」など、将来の危機感を持っている人が少なすぎます。
でもそれって、1人あたり2,000万円さえあればかなり余裕を持って暮らしていけるってこと。

 

少額でも今から始めてみませんか?

 

【あわせて読みたい】
【あわせて読みたい】

 


アドバイスできる人が身近にいない、、
そんなあなたに海外積立投資専門のコンサルタントをご紹介できます。

 

無料相談も行っておりますので、まずは下記LINEへお気軽にご相談ください。

 

どこよりもわかりやすく、あなたのニーズに合わせた形でご納得いただけるような提案を心がけます。

笠原大 公式LINE

▼ スマホの方は下記をクリック

友だち追加

リンクでダメな場合は下記IDを
LINEで検索

「 @dai777 」(@を忘れずに)

ほとんどの人が知らない香港保険のメリット 投資や資産運用としてもオススメできる2つの理由

年率4%以上が当たり前
10年で約140%
20年で約220%
40年で約680%
の複利運用
当然の元本保証

 

そんな日本では絶対にありえないほど
魅力がある香港保険について
お話ししていきます。

 

投資のポートフォリオの1つとしても
必ず取り入れていただきたい内容です。

 

 

香港の保険は世界で1番オススメ

それは年率4%以上が当たり前だからです。

 

なぜなら
香港は東京の約7倍の投機マネーがあるから。
例えるなら東京がそのまま独立行政区となり
その域内で税収を自由にできる感じ。

 

そして一つの街みたいな都市で
1兆円以上の財政黒字だからです。

 

ちなみに日本の赤字国債は約1000兆円。
その買い先は
銀行・郵貯・保険会社などの金融機関。
つまり日本人の個人金融資産が
赤字国債に転換しています。

 

よって資産保全とポートフォリオは、
海外での預金・株式・保険などの
金融商品でないと不安である
というのが日本の現実です。

 

日本の銀行に預けている
場合じゃありませんね。

 

 

オススメする理由

①金融機関の数

香港と日本の人口差が
10倍以上ありながらも
これだけの銀行や
生命保険会社が存在します。

 

結果的に、競争率が高く
信用力がなくては生き残れない環境
というのが1つの理由にあります。

 

②香港の格付けの高さ

この指数を見れば、香港の金融商品の方が
日本をベースとした金融商品より
安心できるというのがわかります。

 

当然
日本の保険会社よりも格付けが高いところや
預かり資産も大きいところも数多く存在し
時価総額や運用資産総額だけでも

安全性は高い

と判断してもいいというわけです。

 

日本の赤字が大きく影響

日本の赤字国債は約1,000兆円あります。
億ではなく兆です。

 

そしてこれは
「日本の銀行・郵貯・保険会社など」
の金融機関が
半義務付けで買わされています。

 

要するに、
日本の金融資産
(銀行預金、郵便貯金、生命保険など)
の預かり資産の約40%は
日本の国債での運用が占めています。

 

つまり、日本人の金融資産の約40%が
ほとんど金利のない国債で
運用されているということになります。

 

現在のマイナス金利政策では、
長期国債の利回りはマイナス0.1%程度なので、
個人向け国債の利息は下限として設定されている
0.05%はまだマシだとしても、
日本の保険の金利が元本割れ当たり前というのが
ここに隠れているわけなんです。

 

ちなみに、日本の国債は
日本人1人あたり約800万の借金
と言われていますが、
香港は1人あたり
約200万円のプラスのお金がある
香港政庁のプライマリーバランス
でもあります。

 

気になる解約返戻金は?

払込期間によって異なるが、

10年で約140%!
20年で約220%!!
40年で約680%!!!

と複利も重なりかなり大きくなります。

 

1つだけ言えるのは、
このペースで増えていく保険は
日本には存在しません。

 

いつでも加入できるわけではない!?

ここまで条件がよければ、
「すぐに入りたい!」
と思うのは当然だと思います。

 

しかし香港に65社ある保険会社で、
日本居住の日本人を受け入れている会社は、
大手の保険会社で2〜3社ほど。

 

その理由は、
日本国内に支店を開設している保険会社
(日本の金融庁で登録している)は、
その国の支店の所轄となってしまうからである。

 

また、
言語の関係で・・・
日本の金融庁の圧力で・・・
(単純に日本の保険会社が儲からなくなるから)
など受け入れない理由はさまざまです。

 

近い将来、日本に住んだまま
海外の保険を利用するのは難しくなるでしょう。

 

海外でIFAを選ぶときは絶対に大手企業

私は仕事で海外に行く機会が多く、
それで香港の大手保険会社との
つながりができました。

 

だからこそ紹介できる特別案件です。

 

ちなみに、たった2年間の保険もあれば、
月額2万程度から始められる
低負担の保険もあります。

 

当然私も投資の
ポートフォリオとして加入しています。
(えぇ、投資目当てです笑)

 

でもそれくらいメリットしかありません。

 

海外保険の魅力を知ってる人なんて
国内ではほんの一握りだと思います。

 

銀行にお金を眠らせているだけじゃ
お金は一生増えません。
早いうちに高金利の積立を始めて
将来の貯蓄を構築していきましょう。

 

知ってるか知らないかの差だけで
将来は変わっていきます。

 

 

▲海外積立投資について詳しく

 


香港保険・海外積立のご相談は
下記LINEへお気軽にお申し付けください。

 

保険の見直しやその他海外積立など
幅広く対応・取扱いしておりますので
お客様へ最適な提案が可能です。

 

積立NISAとの比較や
絶対にやってはいけないもの
(ドル建て保険 etc.)
などのご相談も受け付けております。

 

笠原大 公式LINE

▼ スマホの方は下記をクリック

友だち追加

リンクでダメな場合は下記IDを
LINEで検索

「 @dai777 」(@を忘れずに)